判例紹介

裁判所 判決日 事件番号 事件名 キーワード 着目点
知財高裁 2019年09月19日 平成31年(行ケ)10005号 アプリケーション生成支援システム事件 進歩性 >動機づけ 引用発明の課題からみて、被告主張周知技術を適用する動機付けがないと判断した例
最高裁 2019年08月27日 平成30年(行ヒ)69号 アレルギー性眼疾患を処置するためのドキセピン誘導体を含有する局所的眼科用処方物事件 進歩性 >顕著な効果 最高裁は、本件化合物と同等の効果を有するが構造の異なる化合物が優先日当時知られていたことのみから直ちに,本件各発明の効果が予測できない顕著なものであることを否定することはできないと判示し、知財高裁の判決を破棄し、差し戻した。
知財高裁 2018年12月27日 平成29年(行ケ)10177号 移動ロボットのコンテキスト動作生成システム事件 進歩性 >阻害事由 引用例1に記載された課題は程度の問題であり、相違点に係る構成を採用することを積極的に排除しているとまではいえないとして、阻害事由がないと判断された例
知財高裁 2018年12月06日 平成30年(行ケ)10041号 地殻様組成体の製造方法事件 進歩性 >引用発明の認定 引用文献には審決が認定した引用発明が記載されているとはいえないとして、審決が取り消された事例
知財高裁 2018年11月21日 平成29年(行ケ)10196号 ジペプチジルペプチダーゼ―IV阻害剤の新規結晶形事件 進歩性 >動機づけ 医薬化合物を結晶化することについて強い動機付けがあると認定し発明の進歩性を否定した拒絶審決が、支持された事例
知財高裁 2018年11月06日 平成29年(行ケ)10117号 マイコプラズマ・ニューモニエ検出用イムノクロマトグラフィー試験デバイスおよびキット事件 進歩性 >引用発明の認定 引用例には取消決定が認定した引用発明が記載されているとはいえないとして、異議の決定が取り消された事例
知財高裁 2018年10月11日 平成29年(行ケ)10165号 平成29年(行ケ)10192号 抗ErbB2抗体を用いた治療のためのドーセージ事件 進歩性 >容易想到性 抗体医薬の用法用量発明の進歩性を認めた審決が取り消された例
知財高裁 2018年09月19日 平成29年(行ケ)10171号 選択された炭酸ランタン水和物を含有する医薬組成物事件 進歩性 >容易想到性 技術常識/周知技術についての判断が、特許庁と知財高裁とで異なった例
東京地裁 2018年04月13日 平成28年(ワ)27057号 光学情報読取装置事件 進歩性 >容易想到性 本件明細書に「所定値」に関する具体的な記載がないことをもって、「所定値以上」となることが設計事項と判断された例
知財高裁 2018年03月29日 平成29年(行ケ)10130号 白色反射材及びその製造方法事件 進歩性 >相違点の看過 甲1発明の「表面にシロキサンの被膜が形成され」た「酸化チタン粉末」が本件訂正発明1の「SiO2で表面処理された・・・酸化チタン粒子」に相当するとした審決の認定を、誤りと判断した事例
知財高裁 2018年03月12日 平成29年(行ケ)10041号 平成29年(行ケ)10042号 熱間プレス部材事件 進歩性 技術常識の判断において、引用例の再現実験データが参酌されるか
東京地裁 2018年01月30日 平成28年(ワ)32038号 光学情報読取装置事件 進歩性 >容易想到性 本件明細書に「所定値」に関する具体的な記載がないことをもって、「所定値以上」となることが設計事項と判断された例
知財高裁 2018年01月22日 平成29年(行ケ)10055号 オーガ併用鋼矢板圧入工法事件 進歩性 >公開日 CD-ROMに収録された動画が、当該媒体の性質、案内文書の宛先等から、「頒布された刊行物」に該当するとされた例
知財高裁 2017年11月14日 平成28年(行ケ)10219号 フラーレン誘導体事件 進歩性 引用発明には含まれていないフラーレン変性物の酸化物の数値範囲を特定することは容易想到ではないと判断した例
知財高裁 2017年10月25日 平成29年(行ケ)10092号 スキンケア用化粧料 進歩性 >公開日 ウェブページが公衆の利用可能となった日について判断した例
TOP